こんな症状の方が来院されます

動悸

動悸

「大勢の人前で話しをするとき胸がドキドキする」 こういった経験をされたことが1度はあるかと思います。 これも一種の動悸です。   心臓の拍動は、交感神経と副交感神経からなる 自律神経の働きによってコントロールされています。   不安や緊張などのストレス状態にあるとき 交感神経の働きが活発になります。 すると…   ◇血管が収縮を起こす  […]

野球肘(離断性骨軟骨炎)

野球肘(離断性骨軟骨炎)

どんなスポーツにもケガは付き物ですが 野球選手に多いスポーツ障害に野球肘があります。   野球肘と名称はついておりますが 野球をやっていない方にも発症の可能性は 十分にあることをご理解いただけたら幸いです。   野球肘とは俗称で、正式名称は「離断性骨軟骨炎」といいます。   ①投球ホームの問題 ②日頃のケアが行き届いていない ③神経系の働きが低下、 […]

腰痛

腰痛

厚生労働省の調べでは腰痛の方が実に2800万人にもおよび 「人口の4人に1人」の計算になり国民病とまで言われています。 日本の医療は発展し続けているにもかかわらず 腰痛でお悩みの方は現在も増え続けています。   なぜなのでしょう?   □ 腰椎椎間板ヘルニアが痛みの原因 □ 骨盤の歪みが痛みを引き起こしている □ 背骨の変形があるから □ 腰に負担のかかる仕 […]

シンスプリント

シンスプリント

オーバーユースの1つであり、繰り返しのランニングやジャンプなどを 過度に行った上に、カラダの回復力が追いつかない場合に 発症しやすい障害です。   □ 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の柔軟性の低下 □ 股関節、膝、足関節の可動域制限 □ フォームの変更や硬い路面、シューズの摩耗 などが発症の誘因となります。   病態はふくらはぎ内側の筋肉の過緊張により 脛骨(内側 […]

突発性難聴

突発性難聴

今まで普通に聞こえていたのに、急に聞こえなくなったら 凄く戸惑うと思います。   突発性難聴の原因には、ウイルス感染や循環障害などいくつかございますが 当院では循環障害に着目して施術を行います。   突発性難聴の原因の一つとも言われている循環障害。 血管に障害が起き血流が悪くなることで 難聴だけでなく耳鳴りやめまいが発症します。   この血管障害に […]

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

近年、腸の疾患で目や耳にする機会が増えてきているのが「過敏性腸症候群」。 病院に行き、レントゲンや内視鏡検査を行っても 特に異常は見られないのに、症状だけが続くケースが多いのが特徴です。   この症状ですが、下痢型、便秘型、下痢と便秘を交互に 繰り返す交互型に大きく分けられますが、特に 若い男性に多くみられるのが下痢型です。   通勤電車の中で腹痛に襲われ、 […]

便秘

便秘

当院では今までの経験を生かし便秘でお悩みの方にご来院いただいております。   健康な大腸は腸内で「ぜん動運動」の働きにより、 大腸を縮めたり緩めたりする動きを繰り返し行い 大腸を通り抜ける間に水分が吸収されて固まり 便をスムーズに送り出しています。   しかし、ストレスにさらされたり、生活習慣が乱れると 交感神経(活発に動くために働いている神経)の働きが高ぶ […]

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

当院では椎間板ヘルニアで悩み苦しんでいる多くの方々にご来院いただいております。 □病院でヘルニアと診断され痛みや痺れの原因と言われた □痛み止めを服用しているが痛みが治まらない □手術を勧められたがしたくない □もう良くならないと諦めている さまざまな治療を施してきたが、なかなか終わりの見えない 治療に不安を感じていませんか? このような症状等やお悩みをお持ちの方は、まず次をご […]

産後ケア

産後ケア

近年、少子化が急激に進む中、なかなか子供と接する 時間がないまま初めて自分のお子さんを持ち日々、 子育ての難しさに直面されている方が増えています。   出産や子育ては男性には分からない大変さを抱えて いると思いますが、私たちにできることは 産前・産後のツラい症状の緩和・改善のお手伝いができれば幸いです。   女性は出産時にかかるカラダの負担に加え、ホルモンバ […]

膝痛

膝痛

膝関節の変形・運動不足による筋力の低下・体重の増加などが 原因だから仕方がないと諦めていませんか? 私も学生時代に右膝を痛め、生活動作で苦労したのをよく覚えています。   □膝の屈伸、階段の上り下りがツラい  □運動をしたいが膝の痛みが増して出来ない □ドクターに手術を勧められたがしたくない 膝の痛みはやりたいことの妨げになりますから辛いですよね。   膝関 […]