長引く不調の原因!?(食事編)

こんばんは。斎藤です。

皆さんここ数日、気温の上下がこたえませんか?

 

こんな日が続くと体調を崩しやすいので、体温を上げる

生活を心がけ免疫力を上げていきましょう!

 

 

 

さて、今回のブログは中々治らない不調の原因は

普段の食事の影響かも?という内容になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん血液検査で『CRP』という項目があるのはご存知でしょうか?

 

 

 

CRPとは筋肉への慢性炎症の指標として用いられ、体内で炎症反応や

組織破壊が行われると肝臓で作られ、血液中に流され病原体や壊れた細胞に

付いて処理対象の目印になります。

 

 

炎症反応が高いとCRPの血中濃度が高まることから、

炎症反応の指標として利用されています。

 

 

CRPの一般的な基準範囲は0.3以下ですが、基準値内でも

高めが続いている人は注意が必要です。

 

 

医師から「特に気にする必要はない」と言われても

(軽度より低い)低度の慢性炎症になっている可能性があります。

 

 

長引く漫然とした痛み、繰り返される筋肉・関節に感じる不快な症状は

ひょっとしたら慢性炎症に由来するものかも知れません。

 

 

では、どうしたら慢性炎症になるかと言うと普段食べている

油の摂り方にある事が解っています。

 

 

私達の身体は細胞の集まりで出来ていて、その細胞の外側を囲む

膜(細胞膜)の構成成分は脂肪酸と言い、食べ物から得ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

脂肪酸にはオメガ3とオメガ6とがあり、合い反する作用を起こし

この二つの成分の摂り方のバランスが悪いと炎症が続くのです。

 

 

大まかにまとめると、オメガ6からは炎症を促進する物質、

オメガ3からは炎症を鎮静する物質が生成される事が解っています。

 

 

現在の日本では、外食や自炊に関わらず気をつけ無いで食事を摂っていると

オメガ6を多く摂取します。そう慢性炎症になりやすいのです!

 

 

なぜオメガ6を多く摂ってしまうの? どうしたらバランスの良い油の摂り方

が出来るのか? 等々知りたくなりましたか?

 

 

長くなりましたので詳しくは次回のブログの内容とさせて頂きます♬

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

北本総合整骨院

 

埼玉県北本市中央2−172−1F

JR高崎線 北本駅西口ビル1F 徒歩0分

『受付時間』

平日       9:00~20:00

土・祝日    9:00〜18:00

休診日    水曜日午後 ・ 日曜日

接骨・整骨・整体・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤調整

北本市・桶川市・鴻巣市・上尾市・伊奈町・吉見町・さいたま市・久喜市・蓮田市の慢性痛・自律神経症状・交通事故治療(むち打ち)は北本総合整骨院まで。

◇フェイスブック https://www.facebook.com/kitamoto.sogo.seitai/

◇口コミサイト エキテン http://www.ekiten.jp/shop_71