冷茶の季節

皆さま、こんにちは。 受付の細田です。

束の間の晴れも長く続かず、空がどんよりとして蒸し暑い日が多いですね。

令和最初の台風も発生して、いよいよ夏になるなぁと感じます。

 

この時期は湿度と温度の両方が高いので、カビも気になるところですが、

お洗濯ものの生乾きの嫌な臭いがなかなか取れない時には、

洗濯機(洗濯槽)のカビ取り剤を使ってみると

劇的に改善する場合もあるそうですよ。

 

ところで、この時期にはいつも以上に冷たい飲み物で涼を取りたくなりますよね。

ここ数年は夏場になると、水出し(コールドブリュー)や

氷出しのお茶なども多く見かけますね。

 

ところで、お湯で淹れたお茶と、水や氷で低温で淹れたお茶とでは

同じお茶でも摂れる成分が変わるのをご存知ですか?

 

低温で淹れたものの方がまろやかで甘みを強く感じるのには

雰囲気とかではなく、ちゃんとした理由があるんです。

 

茶葉にはとても多くの成分が含まれているのですが、

それぞれの成分が抽出される温度に差があるので、

水の温度で風味が変わってきます。

 

高い温度ではカフェインやタンニン、カテキンなど苦みや渋みを感じる成分が、

低い温度ではテアニンなどアミノ酸系のうま味を感じる成分が抽出されます。

 

ですから、玉露などのうま味を重視して作られているお茶は

その特性を最大限に生かすために低温で淹れますし、

キリッと仕上げたい煎茶は80〜85度くらいに湯温を調整します。

写真は冷茶仕立ての八女茶(福岡県)です。

 

 

 

 

 

 

 

桃を形どった可愛いおまんじゅうがお茶請けとして添えられていて

見た目も涼やかでこれからの季節にぴったりですね。

 

 

 

 

 

 

 

八女茶はもともと渋みの少ないお茶ですが、冷茶にすることで

風味がより一層引き立って、ほのかに栗のような甘みと香りがします。

 

水で淹れたい場合は、お湯で淹れる時より茶葉を少し多めに用意して

水と一緒に容器に入れて冷蔵庫で一晩置けば完成です。

茶葉が残るのが気になる方は「だしパック」に茶葉を入れるのがオススメです。

 

氷で淹れる場合は、氷と茶葉を容器に入れてから、常温に置いて

氷が溶けるのをゆっくり待ちます。

 

急いでいる時には不向きですが、のんびりと優雅な気持ちで

時間を過ごしたい時には是非オススメしたい方法です。

 

また、お出かけ前に水筒に氷と茶葉を入れておいても、

お出かけ先でおいしい氷出し茶を楽しむことができます。

(ただし、氷は溶けると体積が減ってしまうため、

飲む時に量が減ってしまうのが難点ですが…。)

 

以前にもお伝えしたかと思いますが、緑茶には体の熱を取る作用も

ありますので、鬱陶しいこの時期を少しでも快適に過ごす工夫を

心がけたいですね。

 

 

本総合整骨院

埼玉県北本市中央2−172−1F

JR高崎線 北本駅西口ビル1F 徒歩0分

『受付時間』

平日      9:00~20:00

土・祝日    9:00〜18:00

休診日    水曜日午後 ・ 日曜日

接骨・整骨・整体・カイロプラクティック・鍼灸・骨盤調整

北本市・桶川市・鴻巣市・上尾市・伊奈町・吉見町・さいたま市

久喜市・蓮田市の慢性症状・自律神経症状・ 交通事故治療(むち打ち)は

北本総合整骨院まで。

◇フェイスブック https://www.facebook.com/kitamoto.sogo.seitai/

◇口コミサイト エキテン http://www.ekiten.jp/shop_71