こんな症状の方が来院されます

首の痛み

首の痛み

編集中。 しばらくお待ち下さい。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

ジャンパー膝はジャンプや着地動作を頻繁に行なったり ダッシュなどの走る動作を繰り返し行なうスポーツに 多くみられる膝のスポーツ障害です。 通常、膝は太ももの筋肉が働くことによって曲げ伸ばしが出来ます。 しかし、ジャンプやダッシュなどによる膝の曲げ伸ばし動作が頻繁に行われた場合、 太ももの前の筋肉が膝のお皿や皿の下の骨を繋いでいるロープに 過度の牽引力(ストレス)が繰り返し加わり […]

足底腱膜炎(筋膜炎)

足底腱膜炎(筋膜炎)

あなたは足の裏に痛みを感じたことはありますか?   □ 踵の周辺が痛む □ 起床時の動き始めが痛む □ 土踏まずがつる感覚がある □ 足をつくだけで激痛が走る   このような上記の症状がある方は足底腱膜炎(筋膜炎)の可能性があります。   足には、3つのアーチ構造があります。 ・「土踏まず」と呼ばれる内側縦アーチ ・同様に外側にもやや低めの外側縦ア […]

動悸

動悸

「大勢の人前で話しをするとき胸がドキドキする」 こういった経験をされたことが1度はあるかと思います。 これも一種の動悸です。   心臓の拍動は、交感神経と副交感神経からなる 自律神経の働きによってコントロールされています。   不安や緊張などのストレス状態にあるとき 交感神経の働きが活発になります。 すると…   ◇血管が収縮を起こす  […]

野球肘(離断性骨軟骨炎)

野球肘(離断性骨軟骨炎)

どんなスポーツにもケガは付き物ですが 野球選手に多いスポーツ障害に野球肘があります。   野球肘と名称はついておりますが 野球をやっていない方にも発症の可能性は 十分にあることをご理解いただけたら幸いです。   野球肘とは俗称で、正式名称は「離断性骨軟骨炎」といいます。   ①投球ホームの問題 ②日頃のケアが行き届いていない ③神経系の働きが低下、 […]

腰痛

腰痛

厚生労働省の調べでは腰痛の方が実に2800万人にもおよび 「人口の4人に1人」の計算になり国民病とまで言われています。 日本の医療は発展し続けているにもかかわらず 腰痛でお悩みの方は現在も増え続けています。   なぜだと思いますか?   □ 腰椎椎間板ヘルニアと診断された □ 骨盤の歪みが痛みを引き起こしている □ 背骨の変形があるから □ 腰に負担のかかる […]

シンスプリント

シンスプリント

オーバーユースの1つであり、繰り返しのランニングやジャンプなどを 過度に行った上に、カラダの回復力が追いつかない場合に 発症しやすい障害です。   □ 下腿三頭筋(ふくらはぎ)の柔軟性の低下 □ 股関節、膝、足関節の可動域制限 □ フォームの変更や硬い路面、シューズの摩耗 などが発症の誘因となります。   病態はふくらはぎ内側の筋肉の過緊張により 脛骨(内側 […]

突発性難聴

突発性難聴

今まで普通に聞こえていたのに、急に聞こえなくなったら 凄く戸惑うと思います。   突発性難聴の原因には、ウイルス感染や循環障害などいくつかございますが 当院では循環障害に着目して施術を行います。   突発性難聴の原因の一つとも言われている循環障害。 血管に障害が起き血流が悪くなることで 難聴だけでなく耳鳴りやめまいが発症します。   この血管障害に […]

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

近年、腸の疾患で目や耳にする機会が増えてきているのが「過敏性腸症候群」。 病院に行き、レントゲンや内視鏡検査を行っても 特に異常は見られないのに、症状だけが続くケースが多いのが特徴です。   この症状ですが、下痢型、便秘型、下痢と便秘を交互に 繰り返す交互型に大きく分けられますが、特に 若い男性に多くみられるのが下痢型です。   通勤電車の中で腹痛に襲われ、 […]

便秘

便秘

当院では今までの経験を生かし便秘でお悩みの方にご来院いただいております。   健康な大腸は腸内で「ぜん動運動」の働きにより、 大腸を縮めたり緩めたりする動きを繰り返し行い 大腸を通り抜ける間に水分が吸収されて固まり 便をスムーズに送り出しています。   しかし、ストレスにさらされたり、生活習慣が乱れると 交感神経(活発に動くために働いている神経)の働きが高ぶ […]

2 / 512345