過敏性腸症候群

近年、腸の疾患で目や耳にする機会が増えてきているのが「過敏性腸症候群」。

病院に行き、レントゲンや内視鏡検査を行っても

特に異常は見られないのに、症状だけが続くケースが多いのが特徴です。

 

この症状ですが、下痢型、便秘型、下痢と便秘を交互に

yjimage繰り返す交互型に大きく分けられますが、特に

若い男性に多くみられるのが下痢型です。

 

通勤電車の中で腹痛に襲われ、駅のトイレに駆け込む

パターンが典型的な例です。

 

□ 大事な商談中なのに・・・

□ 車で外回りの仕事中なのに・・・

 

こんな状態がいつまでも続いたらと思うと、

ゾッとしますし大変ツラいですよね。

 

過敏性腸症候群のケースは大腸のぜん動運動が盛んになるため

腸の内容物の水分が十分吸収されず下痢になります。

 

便秘型はその逆で、大腸のぜん動運動が減少することで

内容物が腸内にとどまる時間が長くなり

水分がたくさん吸収されて、硬く小さな便になります。

 

どのケースにしても大腸の運動異常が原因になるわけですが

この運動異常を引き起こす原因の一つが自律神経の

交感神経が高ぶるためです。

 

交感神経が高ぶる要因はたくさんあるのですが

その中でもストレス(不安やプレッシャーなど)の関与が特に影響力を及ぼします。

また、下痢や便秘などの腸の不調は

自律神経を介して脳にストレスを与えます。

 

脳と腸の密接な関係性によりストレスの悪循環が

形成され、症状が長引くケースが多いのです。

 

当院ではこの自律神経の働きを正常化し腸の働きを整えるために

カイロプラクティック鍼灸治療を行います。

 

長引いている腸の諸症状、不快感が極まりないですよね。

お困りのあなた、是非一度ご相談下さい。

 

【インフォメーション】

埼玉県北本市中央2−172−1F
JR高崎線 北本駅西口ビル1F 徒歩0分

カイロプラクティック
料金 ¥7560 (初診料込み)

TEL 048−592−0885
「ブログを見て・・・」とお電話下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。